リサイクルの意味を学ぼう

>

油や生ゴミのリサイクル

揚げ物を作る時に使用する

唐揚げや天ぷらなどを作る時は、油が必要です。
1回使ってすぐ捨てている人は、考えを改めてください。
正しく処理すると、何回でも再利用できるので方法を学んでください。
まず揚げ終わったら、天カスを取ってください。
さらに細かい天カスを取るために、ザルなどでこします。
ザルの上に、キッチンペーパーを敷くと油を綺麗にこせるでしょう。

それが終わったら密閉できる容器に入れて、冷暗所で保管します。
疎の手順を守って、油を再利用してください。
使えなくなって捨てる際は、排水溝に捨てることは絶対にしないでください。
海まで流れて、汚くなってしまいます。
油を固める薬剤が販売されているので、それを使ってください。
しっかり固めてから、ゴミに出しましょう。

堆肥を作ってみよう

生ゴミは、再利用できるものだと知っていましたか。
段ボールに生ゴミと基材を入れるだけで、ガーデニングの時に使用する堆肥になります。
完成した堆肥は、土に混ぜてください。
すると植物が栄養をたくさん吸収できるので、綺麗な花を咲かせるでしょう。
野菜などの農作物の場合は、おいしく実らせます。

ポリバケツを使用する方法もありますが、臭いがきついのであまりおすすめできません。
他にも機械を使うなど、様々な方法があります。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、特徴を比較してください。
機械は初期費用が高額ですが、室内で堆肥を作れますし臭いも出ないので人気が高いです。
補助金などを使って、購入しても良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る