リサイクルの意味を学ぼう

>

ゴミの種類を把握しよう

紙製品は資源ゴミに含まれる

森林を伐採して、紙を作っています。
紙は人間が生活を送るために必要なものですが、たくさん森林を伐採するとなくなってしまいます。
自然がなくならないように、紙製品をリサイクルしましょう。
資源ゴミに出すことで、1度使用した紙が新しい紙に生まれ変わります。

また、紙を無駄なく使うことも重要です。
コピー用紙の表だけ使って、すぐに捨てている人はいませんか。
裏面が白いなら、まだ捨てないでください。
両面コピーしたり、小さく切ってメモ用紙に使うのがおすすめです。
酔両面が黒くなるまでしっかり使って、資源ゴミに出しましょう。
燃えるゴミにだすと、焼却されてしまうので絶対に間違えないでください。
リサイクルの方法を守りましょう。

決められた日に出す

ペットボトルを出す日、プラスチックを出す日などと地域でゴミを出す日が決められています。
それを守ることで、それぞれがリサイクルされるので地球環境に優しくなります。
新しい製品を作りだす時に、新しい資源を使っているとなくなってしまいます。
石油などの資源も森林と同じで、限りがあるものです。

リサイクルして何回も資源を使うことで、無駄遣いを回避できます。
ペットボトルとプラスチックは似ているので、間違えないでください。
マークに名前が書かれているので、小学生でも自分で判断できます。
子供の頃から、リサイクルする大切さを学びましょう。
すると大人になってからも、自然にリサイクルできるようになります。
積極的に再利用してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る