リサイクルの意味を学ぼう

>

買い取ってもらえない場合

行政に引き取ってもらおう

価格が安いので、不用品がある場合は行政に任せる人が多いです。
事前に連絡して手数料を支払うことで、行政が引き取ってくれます。
引き取られてから解体されて、中身をチェックします。
まだ内部が綺麗で使える部品があれば、それを新しい製品を作る時の材料にします。
部品のリサイクルに繋がるので、壊れたり汚くなったりした不用品を適当に捨てないでください。

行政に依頼すると費用が掛かりますし面倒なので、その辺の空き地や山に捨てる人が見られます。
しかし地球環境が悪化することに繋がるので、絶対にしないでください。
不用品の処分方法は、法律で決められています。
きちんと1人1人が法律を守ることで、地球環境が良くなっていきます。

不用品回収業者の特徴

業者は、24時間依頼を受け付けています。
ですから深夜や早朝に不用品を処分したいと思った場合でも、対応してくれるので助かりますね。
行政は回収できる日が決まっていると、忘れないでください。
どうしても行政が回収する日では都合が悪いという時は、業者に連絡してください。

また、家電を何でも引き取ってくれる面がメリットです。
行政は、家電リサイクル法に該当するものは回収できない決まりになっています。
他の方法で処分するので、ハッキリ言って面倒でしょう。
業者に任せればまとめて回収して、向こうで分別してくれます。
ですから、たくさんの家電があってもまとめて処分できます。
手間が掛からない方法なので、業者を活用しても良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る